*

ヤマハのデザイン展『DESIGN RECIPE』がすごかった!カッコ良かった!@AXIS GALLERY

Pocket

Good Design Exhibition 2013の講演会、21_21 DESIGN SIGHT『日本のデザインミュージアム実現にむけて展』に続けて、AXIS GALLERYで開催されているヤマハデザイン展2013『DESIGN RECIPE』を観に行きました。

すっごいきれいな展示で、カッコ良かったです。分野は違えど、同じ日本メーカーの1デザイナーとして、羨ましくもあり、誇らしくもあり。

「写真撮影OK」の許可をもらいましたので、バシバシ撮ってきました。こちらで雰囲気を共有できたらと思います。

Yamaha1

 

テーマは ”デザインレシピ” 。

『思い』を『カタチ』に展開する際の『考え方』を料理になぞらえ、調理法(レシピ)として紹介する試みとのこと。

Yamaha2

 

会場奥の展示スペース。1つ1つのプロダクトが引き立ってCOOL。

Yamaha3

Yamaha4

 

例えば、バイオリンのデザインレシピは以下のような表現を使っています。

DSC3553

 

“Trim the contour line”(輪郭線から必要部分のみ抽出)

DSC3555

 

“Connect points on one surface”(必要な点を単一局面で繋ぐ)

DSC3556

 

“Integrate into a Mono Form”(要素をモノフォルムに統合する)

DSC3557

 

デザインするにあたっての「哲学」が垣間見えてカッコいいですね〜。

また、特徴的なプロダクトを”Synapses”という名前でデータベース化しているとのこと。各プロダクトごとにそれぞれいくつかキーワードがあり、関連するプロダクトをキーワードを追ってブラウズすることができます。写真はKinectを使った紹介でした。Webからでも”Synapses”の世界を体感できます

Yamaha5

 

ヤマハのデザインフィロソフィーは、以下の5つとのこと。

・INTEGRITY 「本質を押さえたデザイン」

・INNOVATIVE 「革新的なデザイン」

・AESTHETIC 「美しいデザイン」

・UNOBTRUSIVE 「でしゃばらないデザイン」

・SOCIAL RESPONSIBILITY 「社会責任を果たすデザイン」

頂戴したパンフレットによると、これらのデザイン理念1987年、創業100周年を機に制定されてから変わっていないとのこと。今でも全然通用しますね。

 

ヤマハのデザインフィロソフィーを感じ取れた、すばらしい展示会でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  • Hiroki Hosaka

    メーカー→ベンチャー勤務のUXデザイナー。このブログではデザインやUXに関するクリエイティブネタを発信しています。さらに詳しいプロフィールはこちら

Follow on twitter Follow on facebook Follow on feedly RSS Feed