「Hope Soap」の記事に見る、数字の説得力

(2013/10/18 更新) アイデア/インスピレーション |

origin_412631864_trimmed

photo credit: Darwin Bell via photopin cc

 

この前AdGangの「感染症発生率が70%減少!子どもたちが石鹸を使いたくなる“Hope Soap”プロジェクト」という記事がバズりました。

南アフリカのケープタウンにある貧民街で「Hope Soap」というオモチャが埋め込まれている石鹸を配布して配布して感染症発生率が減少した、というインスピレーショナルなすばらしい内容ですが、記事の書かれ方にも関心しました。

それは、はっきりと「70%減少!」と効果を数字でタイトルに示していること。

具体的な数字が説得力を持たせています。

今後、このブログでも意識していこうと思います。

備忘録まで。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Hiroki Hosaka

AIベンチャーのUXデザイナー/デザインマネージャー。メーカー→IoTベンチャー→外資系デザインコンサルを経て現職。このブログではデザインやUXに関するクリエイティブネタを発信しています。
詳細プロフィール